マウスピース矯正・治療が必要な歯並び

不正咬合の種類治療が必要な歯並び

マウスピ-ス型カスタムメイド矯正は以下のような症状に対応が可能です。

<出っ歯(上顎前突)のお悩み上顎前突 じょうがくぜんとつとは?>

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、いわゆる出っ歯と呼ばれる歯並びです。奥歯を噛み合わせたときに、上の前歯が前方に出ている状態です。
<上顎前突の原因>
上顎が成長しすぎたり、下顎が上顎よりも成長しなかったりといった、上下の顎の成長バランスが崩れると上顎前突になりやすくなります。
顎変形症による上顎前突の場合は、外科的矯正治療を受けてから、通常の装置を使った矯正治療を行うことで症状改善が期待できます。
<後天的な原因>
患者様の癖によって上顎前突になることもあります。例えば指しゃぶりの癖がおさまっていないお子様なら、しゃぶる指に沿うように前歯が前傾した状態で生え変わってしまったり、鼻づまりなどで口呼吸が習慣化している方は、歯が前へ出ないように押さえている唇の力が弱かったりと、前歯が出るリスクに繋がる習慣・癖は様々です。

出っ歯(上顎前突)

受け口(反対咬合)のお悩み・反対咬合 はんたいこうごうとは?

反対咬合(はんたいこうごう)とは、奥歯を噛み合わせたときに、下の前歯が上の前歯よりも前に来てしまう噛み合わせのことをいいます。反対咬合は、下顎前突(かがくぜんとつ)や受け口とも呼ばれます。
<遺伝的な要因>
上顎よりも下顎が成長しすぎたり、上顎が下顎に比べて成長しなかったりすると、反対咬合になることがあります。上下の顎の成長がアンバランスなのは、遺伝によるものなので予防しにくいです。また、歯列の歪みを治す矯正治療だけでは改善が期待できず、外科治療を受ける必要があります。
<後天的な原因>
歯の生え方によって、反対咬合となるケースもあります。こちらは、骨格からズレている訳ではないので、マウスピース装置を使った矯正治療だけで症状を改善できる症例もあります。上の前歯がまっすぐに生えず、舌側に傾いて生えたり、指しゃぶりなどの癖があったりする場合も、反対咬合になりやすいです。

受け口(反対咬合)

〒016-0856 秋田県能代市字藤山34−1

☎︎ 0185-89-5515

診療受付時間
08:30~12:30
08:30~13:00
14:00~17:00
14:00~16:30