マウスピース矯正について

マウスピース矯正とは

マウスピース型の装置(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)をはめて歯を動かす矯正治療のことを言います。歯に装置を固定しないため、ご自身で装置を外すことができ、食事や歯磨きも普段通りに行えます。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置は、患者様のお口の状態に合わせて作られるオーダーメイドの装置であり、治療計画通りに歯が動くよう設計されています。矯正の進行に応じて、歯科医師が指示する期間で新しいマウスピースに交換し、治療計画に沿って歯を動かしていきます。

マウスピースで本当に歯並びがキレイになるの?

マウスピースは、口腔内スキャナーで採取したデータを分析して作成します。マウスピースと患者様の実際の歯並びとの間に小さなズレが起きるように設計されていて、歯に力がかかることで歯が動きます。新しいマウスピースを装着すると違和感や窮屈さを覚えますが、その感覚は小さな力で歯を移動させようとしているために起こることです。窮屈さは、装着して数日で慣れて感じなくなります。


治療計画通りに歯が動くよう設計されたマウスピース型カスタムメイド矯正装置を装着していただき、医師に言われた通りの期間ごとに新しい装置に交換しながら歯を動かしていきます。医師が歯の動きを確認したうえで次の段階に交換する訳ではないので、1日20時間の装着を守ってください。
装置を長時間装着しなければならない反面、通院回数が抑えられ、また自分で取り外せるため、マルチブラケット等の外せない装置に比べてわずらわしさが少ないと言えます。


一定期間が経過すると、マウスピースに合った歯並びになっているので、次の段階のものに交換して更に歯を移動させ、綺麗な歯並びになるまで繰り返します。患者様によっては、より歯にフィットさせるためにアタッチメントというマウスピース矯正を補助する物を装着することもあります。

アタッチメントについて

アタッチメントとは、マウスピース装着による圧力がかかりやすくなるように、歯の表面に付ける小さな突起のことです。歯に近い色の樹脂で作るので目立たず、矯正治療後は撤去します。全ての患者様、全ての歯に付けるわけではなく、治療計画に従って、必要な方に必要な数だけ設置します。アタッチメントは矯正力を高めるために大切なパーツですが、少々目に付くこともあるため、当院では接着する位置に配慮しています。

〒016-0856 秋田県能代市字藤山34−1

☎︎ 0185-89-5515

診療受付時間
09:00~17:30
10:00~17:30
09:00~12:00
09:00~16:00